民泊 ウェルカムガイド

民 泊

私は札幌、松山、東京と3ヵ所で民泊をして、代行会社も3社に依頼してきました
コロナ禍で全て撤退してしまいましたが、代行会社によってウエルカムガイドに違いがありました
呼び方がウエルカムガイドではなくアクセスガイド、ハウスマニュアルと言われている場合もありますが、内容的にはほぼ同様です

ウエルカムガイドとは

民泊のウエルカムガイドとは民泊ゲストが宿泊の時に役立つ情報や守って頂くルールなどをファイルにして読んで頂くものとなっています

チェックインタブレットなどを利用して対面しないで民泊ゲストを迎える運用をしている代行会社のウエルカムガイドは民泊のお部屋までの案内がとても丁寧に記述されていました
それでもお部屋までの道のりで迷うゲストも多いようです
(。>ㅿ<。)

民泊のゲストへのおもてなしとして対面することを重視する代行会社は最寄駅まで出迎えてお部屋まで無料送迎を行っているのでお部屋までの案内は少なくレストランガイドなどを充実させていました

この後の記述では民泊代行会社が作成しているウエルカムガイドを無人、対面と表記していきます

▶ 無人 無人チェックイン対応の民泊代行会社

▶ 対面 対面チェックイン対応の民泊代行会社

構成と内容

大まかな構成
  • 緊急連絡先
  • 守るべきルール
  • 家電などのボタンの英訳

緊急連絡先

緊急連絡先はゲストが困ったときに頼る大切なものとなっています

先ずは無人の連絡先を見て行きましょう!

無人のウエルカムガイドはPDFのデータとなっていてスマホやタブレットで見れるようになっています
表紙に「Welcom to 都市名」と大きく題名が入っていて連絡先の電話番号も大きく表示
とにかく何かあれば電話して欲しいとという気持ちが伝わってきます
画像は私が無人のウエルカムガイドを参考にして作成しました

対面のウエルカムガイドはハウスマニュアルとレストランガイドの2冊に分かれていてお部屋に備えられています


対面 ハウスマニュアル

警察の110番と救急の119番が緊急連絡先として大きく載っています
代行会社への緊急連絡先も載せてはありますが、緊急でなければ民泊サイトのメッセージ機能やメールを利用するように促しています

対面でのチェックインであれば分からないことなどは対面した時に聞けるのでハウスマニュアルでの緊急連絡先の記述はあっさりしているのかもしれません

また、民泊サイトでも民泊ゲストのやり取りは民泊サイトを通すように強く推奨されています

民泊について書いた記事に民泊サイトの説明もあります
是非お読みください

守るべきルール

ウエルカムガイドには非常に多くのルールが記載されていますが、騒音とゴミについては無人も対面も強く注意を促しています



無人 ウエルカムガイド

無人のハウスルールは20項目もあり文字がビッシリで読むのが嫌になってしまいます
赤枠で囲ってあるルールだけは守らなければと感じました



対面 ハウスマニュアル

対面の方は警察に連絡が入りますと記載があり少し怖い印象ですが、ルールがそれほど厳しい内容ではなく全てのルールを守りやすいと感じました

対面のハウスマニュアルには上記以外にもルール記載が数ページあります
行間が大きくイラストなども入っていて分かりやすく、「忘れ物などないですか?」とゲストを気遣う項目も入っていました

無人の方ではルールが有っても守らないゲストも多く騒音などで近隣からクレームが発生
ウエルカムガイドだけでは騒音に対する注意喚起が不足しているようだったので無人の民泊代行会社と相談しながら騒音に対するPOPを私が作成しました

騒音は近隣の迷惑になるので強く注意喚起をしたいのですが、旅行を楽しむゲストに受け入れやすい明るくソフトなフリー画像を組合わせて優しいイメージになるようにしました
作成したPOPはラミネート加工してお部屋に貼りました

家電などのボタンの英訳

家電などのボタンは画像に英訳を付けたものが無人でも対面でも用意されています

無人 ウエルカムガイド

無人の民泊代行は宿泊施設より遠方にあるのでリモコンなどの写真は清掃担当業者に依頼して撮影
私がリモコンなどの写真撮影に協力したことも

minko
minko

エアコンなどをお部屋に追加した時に動作不良など確認したかったので自分の民泊部屋に泊まったりしていました



対面 ハウスマニュアル

対面の英訳は簡単な説明も付いていて丁寧に作成されています
A4のファイルなので大きくて見やすいのも好印象

無人は必要最低限の英訳で、対面は英訳するボタンの数も多く簡単な説明まで入れているのでとても親切だと感じます

minko
minko

対面ハウスマニュアルのウォシュレットで
おしり ⇒ For Bottom
ビデ ⇒ For Ladies
となっていて英訳するとそうなるんだと感心しました

日本人なら家電のボタンの説明など必要ないでしょうが、海外ゲストには丁寧に英訳されていると操作に困る事もなく快適な旅となり民泊での評価も良くなるのではないでしょうか?
家電の英訳が分かりにくく電話などの問合せが多くなると代行会社の手間がかかり評価も悪くなる可能性も出てきます

問合せを減らし快適に過ごして頂くために家電のボタン英訳は丁寧で分かりやすく作成することはとても大切な事です

アクセスガイド

無人の宿泊施設までの案内は丁寧に作成されていました
対面は最寄駅まで出迎えるの宿泊施設のマップなどはありましたが、無人ほどアクセスを説明していませんでした






マップや画像は適宜差替えたりしていますイメージとして参考にして下さい

無人 ウエルカムガイド

タクシーの運転手に見せるためのページも用意されていました

初めて自分の民泊部屋に行った時は到着が夜になってしまいガイドされていた道も街灯が少なく暗くて本当にこの道で良いのか不安で心細かった

無人の民泊代行会社に相談してガイドする道を夜でも比較的明るい道に変更しました
歩く距離とか曲がる回数が少し増えましたが、寂しい道は距離よりも長く歩いているように感じるので変更して良かったと思っています

ウエルカムガイドのアクセスを頼りに民泊部屋までたどり着かないといけないのは凄く不安かもしれません

レストランガイド

対面では宿泊施設から歩いていけるところにあるレストランガイドを作成していました
カフェから和食まで10店舗ほど紹介しています

レストランガイドに載せさせて頂いた源気丸さんとは泊飲みプランでコラボさせて頂きました!
詳しくは関連記事をお読み下さい

将来的には近隣のお店と良いお付き合いをして対面の民泊代行会社にコンシェルジュのような役割を担って頂けたらと考えていました

コミュニケーションペーパー

松山で民泊をしていたときに外国人観光客対応コミュニケーションペーパーというものを発見しました飲食施設編、物販施設編、ホテル編、旅館編の4つに分かれていて英語、韓国語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)と日本語が表示してあり、指差しすることでスムーズにコミュニケーションが取れるように工夫されていました
ラミネート加工してウエルカムガイドと一緒に民泊のお部屋に置くようにしました

スマホなど自動翻訳が進んでいますが、指差しのようなアナログも悪くないように感じます

愛媛県の松山は道後温泉が有名ですが、国際交流も積極的で「まつやま国際交流センター」(Matsuyama International Center)という立派な団体があり、外国人観光客のために外国語観光ガイドのボランティアも受付けています

こちらのセンターに出向いて民泊のゲストに外国語観光ガイドのご紹介をさせて頂くことは出来るのかと質問させて頂いたことがありました
センターからは紹介して頂いて良いですよと快諾して頂きました

素晴らしい!
松山は素敵な観光地
そして夏目漱石が英語教師をしていたゆかりの地
I LOVE YOUを「月が綺麗ですね」と訳した夏目漱石

ですが。。。
無人の民泊代行からイレギュラー対応となるので難しいと言われてしまいました

外国語観光ガイドのボランティアは事前の予約が必要なのでウエルカムガイドと一緒に観光ガイドボランティアの案内を置いても民泊ゲストが観光ガイドを受けられないので紹介しないこととしました

まとめ

スムーズにチェックインできないとゲストの満足度に大きく影響してしまい民泊の収益で非常に重要な評価が悪くなってしまいます
特にタブレットなどで無人のチェックインをしている場合はお部屋までのアクセスは丁寧過ぎるかなと思うほどでも足りないかも

無人は民泊のお部屋に向かう前に見て頂く必要があるためPDFデータで作成されていますが、対面はお部屋で落ち着いた時に見て頂くようにクリアファイルで作成されています

民泊運用の仕方やゲストへのおもてなしの考え方によってウエルカムガイドにも大きな違いが出てきます

今後、民泊を民泊代行会社を利用してやってみたい方は代行会社の作成したウエルカムガイドを見る事はとても参考になるので是非とも見させて頂きましょう!
出来れば、民泊代行会社を決める前に宿泊体験をすることをお勧めします
1泊でも泊まると分かることが格段に違います

コロナ禍では難しいかもしれませんが、良い民泊代行会社に出合いゲストに喜んでもらえるような民泊運用をして欲しいと望んでいます

コメント

タイトルとURLをコピーしました